厄介なほくろを無くそう|メイクで誤魔化すのはやめよう

ウーマン

顔の印象を良くする治療法

整形治療

ほくろは顔の印象に影響を及ぼします。コンプレックスになるような場合は美容整形で除去できます。人気のある治療法はレーザー照射です。基本は何回かにわけて施術をします。ほくろ除去の手術は医師の技術がものをいいます。ほくろを除去する時、いくつかのレーザーを使い分ける治療をする美容整形を選ぶようにします。

もっと読む

簡単に取り除くことが可能

看護師

ほくろは整形外科などで切除することができますが、その種類によってできる施術方法が変わっています。また、ほくろは顔だけでなく、体にあるものも除去することができ、術後は紫外線を浴びないなどいくつか守らなければならないことがあります。

もっと読む

厄介なメラニン色素

笑顔の女の人

肌のトラブルの原因

妹の鼻の横にあるほくろが年々大きくなって目立ってくるようになりました。今までメイクでなんとかごまかしていたのですが、それも限界に近づいてしまいました。そのため美容整形で除去することにしたのです。かなり大きいので切除した跡がへこんでしまわないか心配しました。しかし整形後の回復は順調で、跡もほとんど残っていないのでひと安心しました。これが回復したらほかにも気になるほくろを取ろうかと考えているようです。美容整形で、妹のほくろ除去は炭酸ガスレーザーを照射する方法がとられました。これはほくろの原因であるメラノサイト細胞を焼いて破壊してしまう治療法です。また皮膚に目立たない程度のやけどをつくり細胞の再生能力を利用してほくろを消し去る治療法です。施術中は、麻酔をしているので痛みもほとんどありません。出血もなく半時間も立たないで治療が終わってしまいました。ただ傷跡は医療用のテープで治るまで保護する必要があります。このレーザー照射はほかにも様々な機種を使った治療があります。ほくろの大きさや方法、使う機種によって費用は異なってきます。

紫外線対策が大切

妹の場合は1回の治療で済みましたが、皮膚の奥深くに根があるものは回数を分けて治療する必要があるようです。そのためほくろが大きくなる前に除去することが大切なのだそうです。レーザーでほくろの原因となるメラノサイトを取り除いたので、再発の心配はありません。しかしほくろを増やさないためには、日頃からの紫外腺予防も大切です。ほくろが増えたという人がいますが、これはもともと顔にあり無色なので目立たないだけなのです。それが紫外線の刺激でメラニン色素が濃くなってほくろが目立つようになるのです。大気汚染などの刺激も肌にはよくありません。現に洋服で隠れている部分は顔や腕、首などよりほくろの数は少ないのです。美容整形でのほくろの治療は、ほかにも高周波を利用した電気メスを使ったり液体窒素でほくろを凍結してたりして除去する方法などがあります。妹が治療した美容整形のクリニックでは事前に入念なカウンセリングを行ったそうです。その際、手術方法や術後の回復期間やケアまで丁寧に説明してくれ、それで安心して手術を受けることができたのです。カウンセリングは多くの整形外科で無料で行なわれているので、安心して受けられるでしょう。

コンプレックスの隠し方

笑顔の男性医師

ほくろは個人のチャームポイントとなる場合もあれば、その大きさ、場所によっては逆にコンプレックスとしてとらえられることもあります。こうしたコンプレックスのほくろをなくしていきたいという場合、整形手術によってより短期集中で対処していくのがオススメです。メイクで隠すよりも効果的で、何より確実です。

もっと読む

手術で簡単に除去できます

鏡を持つ女の人

美容整形外科ではほくろの除去手術を行っています。主な手術方法には切開法や炭酸ガスレーザーなどがあり人気となっています。美容整形外科では安全性が高いのはもちろんのこと、手術後の仕上がりなども含めたトータルなサービスを提供しているので安心して治療を受けることができます。

もっと読む

さっと取り除く

笑う女性

ほくろを取り除く整形施術はいくつかの方法があります。選択した方法により、費用や気をつけるべきことなどに違いがあります。クリニックによって治療法が異なる可能性がありますので、複数のクリニックに相談するようにしましょう。

もっと読む