厄介なほくろを無くそう|メイクで誤魔化すのはやめよう

レディー

簡単に取り除くことが可能

看護師

電気メスやレーザーで切除

ほくろの除去は美容整形外科で行うことができます。電気メスやレーザー、切縫などによって除去されるのが特徴です。小さなほくろやイボであれば、電気メスやレーザーによって取り除くことができます。メスによって切ったり、縫い合わせたりすることがないので痛みや腫れがほとんどなく短時間で取り除くことができます。また傷もほとんど残らないので、バレずに取り除くことが可能です。電気メスで行う場合は、局所麻酔をして電気メスで焼きながら取っていきます。ただ、大きなほくろの場合は、陥没してしまうことがあるため別の施術方法で行うのが良いとされています。レーザーの場合は麻酔が必要なく、レーザーでほくろに照射していき、完全に色素が無くなるまで繰り返し行われます。大きなほくろの場合は、日にちを改めて何回かに分けて行うと傷になりません。大きくて深いほくろの場合は、切縫整形によって取り除かれます。一度で確実に取り除くことができるため、大きなものにも対応しているのが特徴となっています。

紫外線予防が必要

ほくろの整形手術をする時は、一か所だけでなく一度に何か所か除去することができます。目立つほくろ一つだけを除去する事はもちろん可能ですが、とりたいほくろが複数ある場合は、まとめて除去することも可能です。また顔だけでなく、体にあるほくろも除去することができます。さらに背中や腕などといった場所にある大きなものも、整形によって取り除くことが可能です。ほくろを除去した跡は、テープなどを貼って水や紫外線からガードすることが必要になります。傷痕は、肌の新陳代謝が済むと赤みや腫れなどとともに完全になくなります。ですから、約1ヶ月ほどは絆創膏やテープなどでガードすることが大切です。また紫外線を浴びてしまうと、色素沈着が起きてしまうためシミができたり、黒く残ったりしてしまうことがあります。シミ予防のためにもしばらくは紫外線予防することが必要になります。また、病院によって術後は抗生物質や消炎テープなどを処方されることが多いです。術後にどのようにすればよいのか、きっちりと聞いておくことが大切です。