厄介なほくろを無くそう|メイクで誤魔化すのはやめよう

レディー

コンプレックスの隠し方

笑顔の男性医師

医療レーザーを用いた対処

ほくろは個人のチャームポイントとしてとらえられることもあり、その場所によっては非常に魅力的な要素となります。とはいえ、実際はすべての人がそうとらえるわけではなく、中にはほくろの場所、その大きさにコンプレックスを抱いてしまうという人もいるのです。こうした場合、毎回メイクなどでほくろを隠すことは可能ですが、メイクが落ちてしまえば意味がありませんし、すべてを隠すにはどうしても無理が出てきてしまいます。こうした場合、おすすめなのが整形によってほくろを除去していく方法です。一般的に、整形でほくろを除去していくためには医療レーザーが用いられていきます。肌内部に含まれるメラニン色素、この色素に反応する特殊なレーザー光を患部に当てることで、ほくろだけをピンポイントで刺激していくのです。レーザー光を当てた直後は患部が軽くやけどを起した状態になりますが、それが落ち着けば自然と肌のターンオーバーが促され色素が薄くなっていきます。ほくろの大きさ、濃さによって多少の違いはあるものの、小さく薄いものであれば一回のレーザー照射で十分な効果を期待することが可能です。

痛みを和らげた治療

こうしたほくろを取り除くための整形処置は医療レーザーのパワーが強ければ強いほど、痛みを伴います。とはいっても、この痛みはほんの一瞬で、しかも医療機関によっては麻酔などを用いてこの負担を軽減することも可能になってきます。整形の時の痛みが怖いという場合でも個別のアフターケアサービスが充実している医療機関を選べば、より安心して治療をうけることができます。初めての整形となれば緊張しても仕方のないこと、大切なのはその緊張をどうほぐしながらより効果的な治療をうけていけるかという点です。まずは信頼できる医療機関を探していくこと、さらには前もって評判の良い医師、病院をピックアップしていくことからはじめていきましょう。ネット上には様々な情報が行き交っていますが、口コミサイトやランキングサイトの情報をすべてではなく総合的に見極め、うまく参考にしていくことがポイントです。実際にほくろ除去の治療をうけた人の意見であれば、ある程度参考にすることができますし、病院選びの良い判断材料となります。